ザリガニ同盟


この作者って、なんでこんなにするどくて、すてきな言葉を生んでいくん だろう。感性にドキドキしてしまった。この作者いいねぇ。もっとほかの本も読んでみたくなった。

ただの自然保護モノじゃない。わざとらしさがない。りくつではない、人の心の本当のところにうったえて、物語の世界を作っているよね。

これはいい作品。作者のセンスをいっぱい学ぶといいよ。

 

【おじいさん】

カッペイのじいちゃんの最後の授業、っていうのはジーンとくるね。「ボクが殺したようなもの」と言うカッペイへの、例のおじいさんの言葉。「きみに感謝している」と言う。すばらしいね。人の悲しさやわだかまりをすっと取り払っていく。この時にカッペイは確実に「脱皮」しているよね。

年をとって亡くなって(死んで)いく人たち。この癌のおじいさんもそうだね。

父親ともちがう。枯れ木のようでいて、しかしなにか強いものを持っている。

とくにこのおじいさんは、語る言葉がいいね。深いところでものごとを考えてきた人のように思う。

きみにもおじいさんはいる?元気に暮らしているかな?

比べて考えてみていいよ。もうすぐ人生を終える人たちの貴重な言葉。思い出。これはきちんと受けとめておきたいね。

そのへんも切り口になる。

 

【ザリガニ】

これはたしかに中心の素材。ことの起こりも最後もこれだもの。

大きいザリガニ=帝王。見てみたいなぁ。もともと日本にはいなかったんだ。ここ百年くらいの間に日本中に広がった。すごいはんしょく力だよね。

ザリガニつりなんてよくやっているボクの友だちがいた。つかまえて、そして見せびらかして、そしてにがす。理由はかんたん。飼うのがめんどうだって。だったらつかまえなくてもいいよね。

ところが、友だちはこう言った。「だってつかまえたいんだもん……」

ボクはシノブとカッペイの二人もにたようなものだと思った。行けば見られるんなら、家の水そうで飼わなくてもいいのに。同じじゃないかな。

地球が水そうと思えばいいんだもん。

「帝王」とおじいさん。「妖精」たちとこの二人。うまく重ねているよね。

生命力があって、元気で、妖精だったり、帝王だったり。「脱皮」するたびに「成長」していくようすは人そのもの。

この二人をどうしておじいさんが気に入ったかわかるかな。それがわかるとこの本は一気に読解できる。

取って行った「帝王」を返す。柵にはさまった女の子を助ける。カッペイの心。この子たちの「そっちょくさ」は、ぜったいカギだ。

この二人の「みりょく」を見つけて、きみの意見を語ってみようよ。いい文が生まれるよ。

 

【妖精・ふしあな】

ほしいと思うものは見つからなくて、ちょっと見れば子どものザリガニが いっぱいそこにいる。

そんなもんだよね。青い鳥をさがすチルチルミチルもそうだ。

「子どもたちの目はふしあな」という言葉もグサッとくる。でき上がった ものもいいけれど、これから成長していくものにもおもしろさがあるという こと。

ほしいものは自分の足もとにあるんだということ。このあたりがこの言葉の意味かもしれない。

ものの見方の大切さだよね。注意深く、そして自由に。そうすると気づくものがある。決めつけちゃいけないんだよ、きっと。

 

【ホスピス】

この話も「死」が深く関係している。人は必ず死ぬ。だから……、という   ことだ。

このおじいさんはもうすぐ死ぬ。そんな人たちばかりが入っているのがホスピス。終末医療なんて言われている。

ねぇ。このおじいさんの本当の病院はどこだろう。その池だったかもしれ ない。本当の医者はこの二人かもしれない。

老人を老人ホームで暮らさせるのは、なんかさみしさを感じさせる。それ よりも多くの人やモノに囲まれて暮らしていきたい、というもののように思う。

人はどんな最期(死にぎわ)を迎えるのか。その時、生き方に決着がつく。

これをポイントにしていくといいよ。

 

【脱皮】

これはザリガニだけのことじゃない。人もそう。この二人もそう。亡くなったおじいちゃんたちもそう。

脱ぐもの。それは服でもある。とすれば毎日ボクらは「脱皮」している。   身にまとっているものを脱ぎ捨てながら人は「成長」していく。

まとっているものは、考えや気持ちなんかもそうだ。見えないものをボク らは着こんでいる。裸の王様みたいにね。見えない服っていうのは大切なとらえ方。

この二人は、「妖精ザリガニ」と同じように、「脱皮」している。さてさてなにを脱ぎ捨てているだろうか。見つけてごらんよ。

 

【同盟】

「なかよし」とか、「なかま」というのはわかる。

「同盟」っていうのは、言葉としてあるけれど、なじみが少なくなった。今の時代は「同盟」が成り立たない社会になっているのかもしれない。

子どもと老人というのは、言ってみれば人生の入口と出口。これが心を通わせ「盟約」を結び、「盟友」になっていく。

同じ志や目的が結びつける関係というのは、人を強くしていく。

目的のないつながりはだらだらしやすい。親友も大切だけど、「盟友」と  いうのを作っていくのもいいことだ、と思ってしまった。

この三人。「なつかしい男のにおい」がする。弱くなったこのごろの男ではなく、昔そのへんにいっぱいいたような。

おじいさんにあとのことをたのまれ、まかされているね。見にきてやって。確認して。願いを預けていく。預けあう。これは人の心の内側にルールを作る。「約束」ができる。信じあえるよね。きみの今の友だち関係と比べてみよう。

いいなぁ、と思うところはないだろうか。それを見つけたらいいと思う。

読み取ってごらん。

昔、「同盟休講」というのがあった。生徒がみんなで「盟約」を結び、とつぜん全員で学校を休む。集団登校拒否っていうのがあった。結束が固かったのかもしれない。

今は、いいかどうかは別としても、自己中心(自分中心)になってきているよね。そんなことより勉強とかさ。

人間が軽くなっているように思う。どう思うかな。

 

【心がのぞむ道】

残された手紙を読むとジーンとしてしまう。

心の命ずるままに。心がのぞむ道。

これはむずかしいことだね。なんでも好き勝手に、という意味じゃない。  思うままにということでもない。

この二人だから、それでいい、ということになる。

おじいさんに、このごろでもこんな子がいるのか、と言わせた二人だ。

では、「こんな」とは「どんな」だろう。ここをはっきりさせなきゃなら   ない。おじいさんはこの二人に感心した。そして心を通わせる友になっていく。

いったいどこが気に入ったのだろう。

ここにメスをいれてみよう。核心になるところだよ。

 

【確認しあう】

おじいさんは「帝王ザリガニ」を見ては安心し、無事を確認しあう。ザリガニは生きていくための支えとか、自分の姿を映す鏡のようなものになっているのかもしれない。

そしてこの二人とおじいさんもそんな関係になっていく。おたがい確認し あっていくんだ。

「帝王」が生きている。おじいさんは生きている。それは生きていることを確認することだろう。おたがいに認めあうことだろう。そこは一つの切り口になる。

 

【わがまま】

帝王ザリガニを取って行かないでほしい、とおじいさんは言った。自分で、これは「わがまま」だと言った。

しかしその「わがまま」は二人を感動させている。

これって「わがまま」かな。そのへんを切りこんでいくと一つの意見が生まれてきそうだ。

「いいわがまま」と「悪いわがまま」というのはあるだろうか。

「わがままがいけない」と言われるのはなぜか。そんなことも考えていくとおもしろい。

当たり前のことをうたがうところに、考える第一歩があるんだよ。

 

この話は三人の交流が中心だ。

それぞれの立場や考えを整理してみるといい。ところどころにあるおじい さんの言葉。これは深いね。納得できるね。言葉も生き方も「授業」になっている。

人は人から学ぶ。おじいさんも二人から学んでいるものね。

読みごたえじゅうぶん。この本も真正面から取り組んでいい。

生きることや生き方が中心になっている。『ヨースケくん』の本とセットにして考えていくのもいいいだろうな。

「人が生きることの基本問題」を考えることが求められている時代だ。それに答えられる本だよ。

作者の一つ一つの表現や感性に拍手を送りたいな。

 

 

※上記の著作権は宮川俊彦にあります。
※無断での転用・転載を禁じます。

※出典:これできみも読書感想文の名人だ(1999年)

—————————————————————————————————————————————————————————————————————

ザリガニ同盟

今村葦子・作 山野辺進・絵 / 学習研究社